books★movie★diary
sherwood.exblog.jp
映画の感想日記
ライフログ
favorite CD
リンク
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プライドと偏見
『プライドと偏見』
原題;Pride&Prejudice
(2005年・イギリス)

18世紀末のイギリス。
田舎に住む中産階級のベネット家では、5人の若い娘たちの結婚相手を探そうと、母親が焦っていた。
そんな中、近所に、富豪のビングリー氏が引っ越してくる。
ベネット家の長女・ジェーンは、ビングリーと相思相愛になるが、活発な次女のエリザベスは、ビングリーの友人であるダーシーの愛想の無さとプライドの高さを嫌い、初対面のときから、気に入らなかった。
だが、嫌っていながらも、どこか、彼のことが気になっていて・・・。

ジェーン・オースティン原作の『高慢と偏見』の映画化作品です。
キーラ・ナイトレイが、勝気な次女・エリザベスを、とても魅力的に演じています。

最初のほうは、男女が人前で手を繋ぐことも出来なかった、当時の恋愛の奥深さに、じれったくなってしまうほどですが、それに慣れると、逆に、制約のある中で、互いの感情をどう表現していくのか、という点に、ドキドキさせられます。
女性が一人では自立できなかった時代。
唯一、結婚という手段で、男性に頼らなければ、多くの女性が生きてはいけなかった時代。

そんな当時の、さまざまな女性の恋愛の様子が描かれていて、古典と言われる原作からは、この現代にも通じる、女性の姿を感じ取ることが出来ます。

結婚とは何なのか、どういう男性が本当の愛を知っているのか。

古典の映画化とはいえ、決して古臭くもなく、瑞々しくも美しい映画だと思います。

特に、イギリス大好きの私には、作品の舞台として出てくる、実際の多くの城やマナーハウスが、これまた、とても魅力的で。
以前、イギリスをドライブ旅行したとき、ロングリート城も、行きたかったけど、行けなかったんですよね(><)
レンタルDVDでも、特典映像として、それらの歴史的建造物の紹介が収められていて、美しい英国の風景を堪能できます。

a0019299_12262244.jpg
[PR]
by akiko_mama | 2006-11-25 12:26 | 映画