books★movie★diary
sherwood.exblog.jp
映画の感想日記
ライフログ
favorite CD
リンク
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
クリムゾン・タイド
『クリムゾン・タイド』
原題;Crimson Tide
(1995年・アメリカ)

ロシアの過激派一派が、シベリアの核ミサイル基地を占拠した。
核ミサイルが狙っているのは、日本とアメリカ。
核戦争の危機が迫っていた。
それを阻止するため、アメリカ海軍は、原潜アラバマを太平洋へと出航させた。
だが、敵潜水艦から攻撃を受け、国防総省からの核ミサイル発射準備を伝える通信が、途中で途切れてしまう。
もし、シベリアから、すでに核ミサイルが発射されたのならば、本艦は直ちに、基地へと核ミサイルを撃ち込み、応戦しなければならない。
そう主張する強硬派のラムジー艦長に、大学卒のエリートである副艦長のハンターは、命令の再確認を求める。
しかし、通信機能は依然、回復しないまま、ミサイル発射をめぐり、二人は激しく対立する。
最初に受けた命令通り、強引に核ミサイル発射を遂行しようとするラムジー艦長を、副艦長ハンターは、服務規程違反で拘束し、指揮権限を取り上げたが・・・。

原潜の艦長は、大統領以外に、核ミサイル発射の命令を下せる、唯一の人物。
その艦長の判断が、偏ったものであったり、誤っていたら?
そんな深海の密室で起きた、緊張感と恐怖を描いたアクション映画です。

ラムジー艦長を、ジーン・ハックマンが、副艦長のハンターをデンゼル・ワシントンが演じています。
この二人よりも、さらに、演技が光っていたのは、ヴィゴ・モーテンセンじゃないかな?
原潜内の武器庫を管理している将校である彼が、実質は、艦長vs副艦長の対立に板ばさみとなり、葛藤に苦しむわけです。
悩める男の苦悩が、浮き彫りになっていて、眉間の皺が似合うなあ、と見ほれてしまいました。
指輪物語のアラゴルン同様、現代劇でも、苦しい立場にある人物が似合うのね~(><)


a0019299_1848360.jpg

[続きを読む]
[PR]
by akiko_mama | 2005-10-01 18:48 | 映画