books★movie★diary
sherwood.exblog.jp
映画の感想日記
ライフログ
favorite CD
リンク
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スモーク
『スモーク』
原題;Smoke
(1995年・アメリカ・日本)

ニューヨークはブルックリンの街角に、一軒の煙草屋があった。
主人のオーギーの元には、毎日、常連たちがやってきて、煙草を吸いながら、さまざまなことを、しゃべっていく。
そんな常連の中に、小説家のポールがいた。
ポールは数年前に妻を亡くし、それ以来、一人きりで、この街に暮らしていた。
仕事が進まずにいた、その日も、ぼんやりと舗道を歩いていたポールは、ふらっと車道に出てしまい、車に轢かれそうになる。
それを助けたのが、ラシードと名乗る黒人の少年だった。
その御礼にと、数晩の宿をラシードに提供するポール。
だが、ラシードが出て行ったあと、彼の叔母だという女性が部屋にやってきて、彼は、そんな名前ではないし、帰ると言っていた家にも帰っていないと聞かされて・・・。

小説家ポール・オースターが書いた「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」という短編を素材にして、ポール・オースター本人による脚本をもとに、撮影された映画です。
ハーベイ・カイテル演じるオーギーと、ウィリアム・ハート演じるポールを中心に、彼らとその周囲の人々を描いた物語は、淡々としていながらも、どこか暖かみに満ちていて。
どこにでもいる普通の人々の生活の中の、ちょっとした出来事。
そんなエピソードが丁寧に積み重ねられていて。
決して、ダイナミックな展開があるわけじゃないけれど(小さな波は、まあ、それなりに((^^;;)、じっくりと、かつ、のんびりと、楽しめる映画です。

昨年の春に、NHK-BS2の衛星洋画劇場でニューヨーク特集があったときに放映になったので見たのですが、またもや、今回も、見てしまいました★
でも、何度見ても、人情味溢れる物語には、じんわり来てしまいますねえ。
くたびれたような煙草屋のオヤジという風情の、ハーベイ・カイテルが本当に上手いし(映画ラストのモノローグ部分での演技と言ったら!)、その相手役が、これまた演技派のウィリアム・ハートなんですから(><)
言って見れば、街のオヤジたちの物語?
そこに、ふとしたことから出会うことになった少年が絡んでくるんです。

トム・ウェイツの、何とも言えないしわがれ声で歌われる曲が挿入歌になっていて、これもまた、雰囲気を出してます。

95年ベルリン映画祭金獅子賞受賞。
95年度キネマ旬報外国映画ベストテン第2位。

味のある映画というのは、こういうのを言うのだなあ、と思います。

a0019299_2252173.jpg


ちょっと、誤解を生みそうなジャケットですが((^^;;
(ウィリアム・ハートを出さなくていいのか?(笑))
映画ラストになって語られる、「クリスマス・ストーリー」からの1シーン。
心温まる演技には脱帽です。
[PR]
# by akiko_mama | 2005-06-05 22:53 | 映画
ルル・オン・ザ・ブリッジ
『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
原題;Lulu on the Bridge
(1998年・アメリカ)

ニューヨークに住む、元・サックス奏者のイジーは、ある日、不思議な光を放つ石を手に入れる。
そして、その石がもとで、ウェイトレスをしながら、日々の生計を立てている女優の卵、セリアと知り合い、恋に落ちる。
音楽すら奪われ、全てを喪ったイジーにとって、セリアだけが光だった。
そして、その瞬間から、二人の生活は変わり始める。
どんなオーディションにも落ちてきたセリアが、有名な監督が撮る映画『パンドラの箱』のヒロイン「ルル」役に選ばれた。
撮影のために、アイルランドへ先に旅立ったセリア。
彼女をすぐに追いかけるつもりだったイジーだが、謎の男たちに追われることになり・・・。

映画『スモ-ク』で脚本を書いたことから、映画制作に興味を持ったという、作家ポール・オースターが脚本、初監督を担当した作品。

ポール・オースターの友人だというニューヨークの有名ジャズ・ミュージシャンたちが、良い音出してます。
その辺りは、監督ポール・オースターのこだわりが見て取れます。

映画の内容としては、大人のおとぎ話。
個人的には、セリフ回しなど、『スモーク』のほうが何倍も好きかなあ。
観念的な小説を、そのまま、観念的な映像にすればいいというものではなく、映画には映画の見所というものがあると思うのです。
まあ、私は、元ジャズ・ミュージシャンという役柄のハーベイ・カイテルを見れたので、それで良いんですけれども(笑)

「博士」役で出てくる、ウィレム・デフォーも、ものすごく不気味((^^;;
ヒロイン・セリアよりも、元・妻役のジーナ・ガーションのほうが、色っぽくて、エキゾティックでよかったなあ。
そして、セリアのエージェントとして、かかってくる電話の声が、ストッカード・チャニングだったというのは、後で知ったのですが、オドロキ。
ただの電話なのに~((^^;;
『スモーク』にも出ていた縁なのでしょうか。
女流監督をヴァネッサ・レッドグレイヴが演じていますが、貫禄があって、とってもステキです。

ちなみに、この映画での、淀川長治さんの評論は、こちらです。
映画のタイトルの秘密などが書かれていて、そうだったのかあ、と。
でも、映画に対しては、かなり辛口?
◆淀川長治の銀幕旅行


a0019299_1001410.jpg
[PR]
# by akiko_mama | 2005-06-03 10:00 | 映画
K-19
『K-19』
原題;K-19 The Widowmaker
(2002年・アメリカ)

1961年ソ連。
冷戦の真っ只中、新式の原子力潜水艦K-19は、ミサイル発射訓練などのため、北海へと向かっていた。
新しく就任したボストリコフ艦長は、手厳しく、無茶な訓練を昼夜問わず繰り返し、乗組員たちからは不評を買っていた。
だが、そんな折、原子炉にヒビが入っていることが分かる。
このままでは、潜水艦全体の放射能汚染は免れない。
原子炉担当の乗組員たちが、修復を行うことになったが、この潜水艦には、放射性物質から身を守るはずの防護服が積まれてはいなかった・・・。

ハリソン・フォードが主演、製作総指揮を担当した、潜水艦パニックものです。
関係者は、28年間、この件について口外することを禁じられていたという実話だとか。
ソ連の体制下では、それもそうでしょう。

厳格な軍人であり、自分の信念を曲げようとはしない艦長を演じたハリソン・フォードと、肩を並べるのは、乗組員たちに慕われているボレーニン副艦長を演じるリーアム・ニーソン。
何だか、雰囲気的に同じ役者さんである、この二人が共演ということで、役柄がだぶらないかなとも思っていたのですが。
ちょっと、雰囲気が似すぎていたかな?
でも、この映画は、他人の意見には耳も貸さない、ガンコおやじの見本のような艦長が成長する物語でもあると思うのです。
その一端を担う重要な役柄には、やはり、リーアム・ニーソンくらいの役者でないとダメだったのかも。

それはともかく。
とにかく、若い乗組員たちが、次々と放射能汚染にまみれた部屋に入っていって、過酷な場所で10分間の作業を終えて出てきたあとの悲惨さ。
潜水艦という、密閉され、閉じられた場所の中での、恐怖が克明に描かれています。

原題の副題は、映画の中でもちらっと出てきますが、「未亡人製作機」。
それだけ、生きて帰ってくる乗組員は少ない、ということです。
予算が無いために、杜撰な作りになった原子力潜水艦という諸刃の凶器で、死の航海に出てしまった乗組員たち。

アクション映画とはいえ、冷戦時代のソ連の話という、地味な映画ながらも、ハリソン・フォードが製作総指揮として参加し、お金を出そうと思ったのは、そういう三十年以上も前の、実際に起こった原子力事故をこのまま葬るわけにはいかない、そして、それは結局、現代にも通じる警告なのだと受け取ったせいかも知れません。


a0019299_1045129.jpg

しかし、タイトルを、もう少し、何とかすれば良かったのかな?
警察犬が出てくる『K-9』とか、その続編の『K-911』とかもあるので
何だか、ややこしいです~((^^;;
[PR]
# by akiko_mama | 2005-06-02 10:04 | 映画
めぐりあう時間たち
『めぐりあう時間たち』
原題;The Hours
(2002年・アメリカ)

1923年。
病気療養のために、ロンドンから離れた郊外、リッチモンドに移り住んでいた、作家のヴァージニア・ウルフは、新作『ダロウェイ夫人』の執筆に取り掛かろうとしていた。
「・・・ミセス・ダロウェイは言った。花は私が買ってくるわ」
1951年。
ロサンゼルスの住宅街で、妊婦のローラ・ブラウンは、夫の誕生日の朝をベッドの中で迎えた。手元には、読みかけの『ダロウェイ夫人』。
2001年。
ニューヨークのアパートメントで、『ダロウェイ夫人』と同じ名前を持つクラリッサは、賞を受けた詩人の友人、リチャードの受賞パーティを企画する。エイズに冒されたリチャードは、暗い部屋で、一人、世捨て人のような生活をしていたが、クラリッサにとっては、かつて愛した人だった。

三つの違う時代、三つの違う場所で生きる、三人の女性の物語。
ヴァージニア・ウルフの作品、『ダロウェイ夫人』で描かれたのは、主人公がパーティを開こうとする、ある一日の出来事。
それと同様に、この映画でも、三人の女性の、たった一日の中の、エピソードや想いが重ねられ、時を越え、それぞれの時間が流れていく。

ヴァージニア・ウルフには、ニコール・キッドマン。
ローラには、ジュリアン・ムーア。
クラリッサには、メリル・ストリープ。
原作もピュリッツアー賞を受賞したベストセラーだそうですが、この映画も、数ある賞を受賞し、特に、主要9部門でノミネートされたアカデミー賞では、ニコール・キッドマンが最優秀主演女優賞を受賞しています。

当初のイメージでは、もっと軽いストーリーかと思いきや、すごく観念的で、思索に満ちた物語になっていました。
精神を病み、執筆活動に携わりながらも、どこか苛立ちを押さえきれない、ヴァージニア。
いつも華やかで、気高い美貌のニコール・キッドマンが、こんなに、野暮ったく、見かけが少しだらしない、イギリス人女性を上手く演じるとは、正直、驚きでした。
(こういう雰囲気の女性は、イギリスでよく見かけます)
ヴァージニア・ウルフ本人の写真にもとても似ているし、なによりも、神経質そうな、芸術家独特の雰囲気がとても上手く表現されていて。
正気と狂気の狭間に立ち竦み、死への微妙な揺れを常に感じさせる女性。
もう、アカデミー賞受賞も納得、の演技でした。

以前から、ヴァージニア・ウルフも在籍した『ブルームズベリー・グループ』に興味もあり、先日、映画『オルランド』を見たこともあって、彼女の本も読んでみようかなあ、と思っていたのですが、(でも、近所の本屋には、『オルランド』が無かった・・・(><))やっぱり、本気で、読んでみたくなりました。

それぞれの時代に、時や場所は違っても、女性の幸せとは何なのか、生きることとは、どういうことなのか、平凡そうに見える女性の一日の時の中に、湧き上がる感情や、迷いを丁寧に描いた傑作だと思います。
ぜひ、女性に、一人で見て欲しい、そんな作品ですね。

a0019299_944381.jpg


◆『めぐりあう時間たち』 オフィシャル・サイト
映画の中で流れる、しっとりとしたピアノのテーマ曲も素晴らしかったです。
[PR]
# by akiko_mama | 2005-05-26 09:48 | 映画
エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事
『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』
原題;The Age of Innocence
(1993年・アメリカ)

ニューヨーク。
1870年代初頭。
弁護士のニューランドは、ニューヨーク社交界の人々が一同に集ったオペラの桟敷席で、婚約者のメイと同席していた女性に目を奪われる。
彼女は、メイの従姉妹であり、ニューランドにとっては幼馴染であるエレン・オレンスカ伯爵夫人だった。
ヨーロッパで伯爵と結婚したエレンだったが、伯爵と不仲となり、離婚を要求したまま、ニューヨークに単身戻ってきていたのだった。
その晩以降、社交界の話題は、もっぱら、エレンのスキャンダルで、もちきりとなった。
メイの一族は、世間の外聞を気にして、エレンに離婚を止めさせようと、ニューランドに説得に行かせる。
だが、どこか寂しげな眼差しをエレンに見出していたニューランドは、婚約者がいる身ながらも、自分が次第に、エレンに惹かれていくことを自覚する。
その自由な意思や自分を偽らない態度から、エレンは、保守的な社交界の人々に見限られていく。
正直に、自分のことを思ってくれるのはニューランドだけだと、エレンには分かっていた。
そして、ニューランドとエレンは、密かに、愛を育み、逢瀬を重ねる。
だが、それは、相手に触れることさえ許されない、逢瀬だった・・・。

監督は、マーティン・スコセッシ。
もともと、以前、スコセッシ監督についての番組を見て、この映画に興味を持ったのでした。
ニューランド役は、『ギャング・オブ・ニューヨーク』での凄まじい悪役ぶりを、どうしても思い出してしまう、ダニエル・デイ・ルイス。(でも、今作では、少し優柔不断な弁護士役でしたが)
エレンには、ミシェル・ファイファー。
そして、ニューランドの婚約者メイには、ウィノナ・ライダー。

当初、その衣装から、てっきり、ヨーロッパのお話かと思っていたのですよね(笑)
借りてきてみたら、本当は、19世紀アメリカの上流階級のお話ということで。
少々、ガッカリしながらも、まあ、いいかと見ていたのですが・・・。
やはり、ヨーロッパの社交界とは違うのか、アメリカの上流階級のお宅は、とても雑多なカンジ。
高級品が並べられているのだけれど、全体に、品があるとは言えないというか。
わざと、当時の、そういう面を出しているのかなあ、と思いますが。

スコセッシ監督といえば、やはり、ニューヨークがまだ、毎日、船で運ばれてくる移民で溢れかえり、市民たちが勢力争いを繰り広げていた当時の様子を生々しく描いた、『ギャング・オブ・ニューヨーク』ですが、この『エイジ・オブ・イノセンス』にも、まだ、都会とは到底言えなかった頃のニューヨークが描かれています。
ハイド・パークの周囲と言えば、今は、高級アパートメントが優雅に立ち並んでいる住宅街ですが、そこが、当時は、十字路になっている広い道だけが続いていて、そこに、たった一軒の大きなお屋敷だけが、ぽつんと建っている、だだっ広い場所だった、という、その光景にビックリ。
今では、そんな面影すらないですが、歴史の浅い、アメリカの歴史をその短いショットが語っているのですよね。

「ここは自由の街、ニューヨークなのに」というエレンの言葉とは裏腹に、ニューヨーク社交界の厳格な考え方や、狭い物の見方などで、上流階級の人々が、優雅に振舞いながらも、実は、慣習や道徳観に、がんじがらめになっている様が、とても象徴的に描かれています。
実際、婚約者がいるのに、人妻と浮気してしまう男の話だったのか・・・と思いながら、見ていた前半は、少々、眠くなってしまって、もう、後半を見るのはやめようかなと思っていたのですが。
しかし、本当に面白くなるのは、そこからでした。

a0019299_8302192.jpg

[つづきを読む]
[PR]
# by akiko_mama | 2005-05-25 08:59 | 映画
ヴァン・ヘルシング
『ヴァン・ヘルシング』
原題;Van Helsing
(2004年・アメリカ)

近代へと向かい始めた19世紀のヨーロッパ。
ローマ・バチカンの地下にある秘密組織から命を受けたヴァン・ヘルシングは、日夜、闇に蠢くモンスターたちと闘っていた。
彼は、自分が何者であったのか、その記憶の全てを失っていた。
自らの過去を求めて、冒険と闘いに明け暮れるヴァン・ヘルシングだったが、彼が立ち去ったあとには、元の人間の姿に戻ったモンスターたちの死体が必ず残されていることから、モンスター・ハンターでありながら、警察にはお尋ね者として手配されている身でもあった。
そんな中、ヴァン・ヘルシングは、トランシルバニアへ向かうよう、バチカンから命令を受ける。
そこでは、ドラキュラ伯爵が邪悪な力を元に、世界を支配しようとしていたのだ。
代々、ドラキュラと戦い続けてきた、ヴァレリアス一族の最後の生き残り、王女アナとともに、ヴァン・ヘルシングは、ドラキュラ伯爵を倒すべく、城へと赴くが・・・。

吸血鬼ハンターのお話ということで、映画公開前に、佐野史郎さんが出ていた特別番組なども見て、もともと興味はあったのです★
でも、結局、映画館へ行くことは無かったのですが。
それで、今回、ビデオを借りてきて、見てみると・・・
とにかく、CG使いまくりの壮大なゴシック・オペラというか。
『ハムナプトラ』シリーズのスティーブン・ソマーズ監督ですから、そのスケールの大きさと、エンターテイメント性は言わずもがな。

黒ずくめのマントに、広いつばのついた帽子をかぶったヴァン・ヘルシングは、まさに、モンスター・ハンター。
彼を演じたヒュー・ジャックマンは、アクション俳優というよりも、『アクターズ・スタジオ・インタビュー』で御本人を見た限りは、正統派のミュージカル俳優ですよね。
歌もうまいし、ダンスも出来るし、トニー賞まで取っている、笑顔の爽やかな好男子。
そんな彼が演じたアウトサイダー・ヒーローは、演技力がしっかりあるからこその、渋い役どころになっていて、安心して見ていられるカンジ。

ドラキュラ伯爵は、いかにも、と言うほど、キザで気取っていて、ナルシスティックで、お耽美(笑)
(でも、個人的には、もう少し、美形でも良かったような気が・・・(笑))

『ハムナプトラ』でも、主要パーティが三人で、ボケ役のエヴリンのお兄さん(ジョン・ハンナ)が笑わせてくれましたが、今回、その役目に当たるのが、発明家で修道僧のカール。
ヴァン・ヘルシングとアナの二人にくっついてきて、足手まといになりそうでいながら、美味しいところを、かっさらっても行くんですよねえ。
彼を演じたのが、『ロード・オブ・ザ・リング』でファラミアを演じたデヴィッド・ウェンハム。
ファラミアとの正反対な役どころを、とてもコミカルに演じていて、笑わせてもらいました((^^;;
三人パーティでは、一人はいるお茶目な役ですが、彼がいることで、さらに楽しめるというか、身近に思えるというか。
ほら、あとの二人は美男美女のカップルだから★
ヒロインのアナは、その衣装がゴシック系で、とにかくカッコ良い!
ある意味、憧れの雰囲気ですねー。

キャラクター造詣は、お決まりの王道を押さえているカンジ。
もう、こういう設定の映画では、ストーリーは、どうでもいいんです((^^;;
CGを駆使した、その世界観や映像美で大いに楽しませてもらえれば。
とにかく、ゴシックなムード満点で、作り込んだ、見応えのある映像は、とても楽しめました。
本物のチェコの教会で撮ったという、ドラキュラ伯爵主催の仮面舞踏会のシーンも、シルク・ド・ソレイユの協力を得ただけあって、アクロバティックで、とても妖しさに満ちたもので。
このシーンだけでも、見る価値はあるんじゃないかな。

見て楽しめると言えば、アナを演じたケイト・ベッキンセールを始め、ドラキュラの花嫁たちも、スタイルが素晴らしく良い、グラマーな美人ばかりなので、ゴージャスな雰囲気が楽しめます★
ただ、花嫁たちは、よく、口が裂けていましたが(笑)

ドラキュラ映画は、映画の創成期から何度も撮られてきた古典的なテーマですが、ここまで来ると、さすがに、スゴイとしか言いようが無いですね。
ある意味、その世界を全て表現し尽くしたんじゃないかなあと思うほど。
CGって、ほんと、スゴイなあ。
きっと、この映像を見たら、過去のユニバーサルなどで、モンスター映画を撮っていたスタッフたちは、俺たちも、本当は、こういう映像を撮りたかったんだよ~!(><)と、泣いて悔しがるんじゃないでしょうか(笑)

そのダイナミックな映像と、心湧き踊る豪快な音楽に、スカッと出来る、エンターテイナー映画かな、と思います。
モンスター総出演な上に、アクション、サスペンス、ラブ・ロマンスあり。
(ただ、ちょっと気になったのは、一応、ヴァン・ヘルシングとアナとのロマンス物でもあると思うのですが、普通は、囚われとなった王女を救いに行くものなのに、途中、囚われとなったフランケンシュタイン(!)を救いに行くことに、何故か、いつにない意欲を燃やしてしまうヴァン・ヘルシング・・・。
その意気込みは何なの~っ((^^;;
相手が違うんじゃ・・・と思ってしまいました(笑))

繊細な映画も好きなんですが、こういうゴシックな世界観や色彩も、実は、とっても好きなのです~★
(ハード・ロック系というか、どこか、ヘヴィ・メタに通じるものもあったり・・・)

a0019299_196189.jpg

◆映画『ヴァン・ヘルシング』 オフィシャル・サイト
映画のテーマとともに、雷鳴が鳴り響いております~(笑)
[PR]
# by akiko_mama | 2005-05-22 18:45 | 映画
白いカラス
『白いカラス』
原題;The Human Stain
(2003年・アメリカ)

大学の古典文学教授であるコールマン・シルクは、ある授業で発した、たった一言の言葉が、曲解され、人種差別発言だと捉えられて、それが理由で職を失い、家庭すら失ってしまう。
初老の彼は、その後、ふとしたことで出会った若い女性、フォーニアと恋仲となり、彼女との情事にのめり込む。
フォーニアは、過去に虐待を受けたという傷を持ち、全てを喪っていた。
そして、コールマンもまた、ずっと、誰にも明かすことのなかった秘密を抱えていたのだが・・・。

主演がアンソニー・ホプキンス、共演には、ゲイリー・シニーズ、エド・ハリス(←やっぱり悪役だけど!(笑))という、私の大好きな俳優陣が勢揃いだったので、見てみました。
そして、フォーニア役は、ニコール・キッドマン。彼女の意思の強さを表すような視線が好きで、彼女もまた、大好きな女優さんの一人なのです★

俳優陣は、もう、言うことなしで、素晴らしかったのですが・・・。
フィリップ・ロスのベストセラー作品を映画化したという、この映画。
個人的には、ちょっと、題材がうまく消化されていないというか、ストーリーとして、随分、物足りなかったかなあ、という印象が・・・。


a0019299_1228459.jpg

つづきを読む
[PR]
# by akiko_mama | 2005-05-21 12:40 | 映画